“じゃあ今の日本でゼネラリストはどこにいるかというと、例えば40代や50代の人たちだったりするんです。若い人はスキルを持たないと仕事ができないと言われて、スペシャリストとして腕を磨いていることが多い。でも一定の世代だと、企業がゼネラリストとして育成していたんですね。総合職として、色んな部署や職種を経験させながら。その人たちの経験は、クラウドソーシングで活かせるんです。”

安定収入を得るフリーランスの共通点|ランサーズ根岸泰之に聞くクラウドソーシングの未来


“日本の閉塞感は、マーケティングの欠如によるものと断言できます。マーケティングには、何か問題が起こったとしても、それをオポチュニティ(機会)に変える精神があるからです。六重苦だと騒いで政府に頼ってしても仕方がありません。プロの経営者は、厳しい環境下でも、危機を機会に変えることを考えなければならないのです。”

経営とは、マーケティングそのものである「マーケティング後進国」日本に必要なこと——ネスレ日本代表取締役社長兼CEO・高岡浩三 | 私とマーケティングの巨星との出会い


“就職人気ランキングで上位100社を目指す企業が多いなか、私はむしろ、そのランキングに入りたくないと考えます。そのランキングに投票したうち、どれほどの学生がネスレ日本が求める人材なのでしょうか。学生を選別する過程で生じる仕事のコストは、消費者の付加価値にはつながりません。”

経営とは、マーケティングそのものである「マーケティング後進国」日本に必要なこと——ネスレ日本代表取締役社長兼CEO・高岡浩三 | 私とマーケティングの巨星との出会い


“新卒一括採用をやめたことで、新聞社から取材をされました。これはニュースをつくったと言っていいでしょう。もちろん話題性だけではなく、このプロセスを採用したことで、実際に入社する人材の質が驚くほど高まりました。”

経営とは、マーケティングそのものである「マーケティング後進国」日本に必要なこと——ネスレ日本代表取締役社長兼CEO・高岡浩三 | 私とマーケティングの巨星との出会い


和田:そうです。じゃあ、ヴァルターは僕にどう受け継いでほしかったのか。それはやはり「美しいもの」「人の心に入っていけるもの」を創れ、ということです。でなければ、アウディのブランドをおとしめてしまう。逆にいえば、目先の利益に惑わされるようなデザインをするな、というメッセージでもあります。

川島:それ、日本の企業の中ではちょっと言えないですよね。まずは売れるデザインが第一だ、と言うに決まっていますから。

和田:でも、これからの時代、自分だけ儲かればいいなんて企業は10年経ったらつぶれちゃうと思います。より良いものを作って、人々や社会に貢献したいという心持ちがある企業とそうでない企業は、まったく違う途を辿ることになるのではないでしょうか。

いまどき「デザインがいちばん」と言っている会社は危ない (4ページ目):日経ビジネスオンライン

Source: business.nikkeibp.co.jp



良い子の皆さん、これがダメなエラーメッセージです。ユーザーに何ら行動の手がかりを与えない。「だから何なんだ」「一体どうすればいいんだ」と思わせてしまう。これがダメなエラーメッセージです。

「OK」じゃねーよ。良い子の皆さんは、こんなUI設計をしてはいけません。

良い子の皆さん、これがダメなエラーメッセージです。ユーザーに何ら行動の手がかりを与えない。「だから何なんだ」「一体どうすればいいんだ」と思わせてしまう。これがダメなエラーメッセージです。

「OK」じゃねーよ。良い子の皆さんは、こんなUI設計をしてはいけません。


1 2 3 4 5